入居ルール&マナー
 
入居ルール&マナー
  管理会社への届出について
  次のような場合は管理会社に届け出て下さい。
  部屋に電話を取り付けたとき(電話番号をお知らせ下さい。)
  部屋を1ヶ月以上留守にするとき
  部屋を退去しようとするとき
  契約時に届け出た事項を変更するとき(勤務先・緊急連絡先・同居者など)
  マンション設備等を故障・破損・汚損させたとき
  その他、マンション内で異常を発見したとき
  カギについて
  解約時にカギを返還される際、契約時にお渡ししたカギと
同一番号のカギをお返し下さい(2本)
  紛失された場合は錠前交換費が必要です。
  錠前の交換、カギの出張解錠及びカギのコピーを希望される場合は全て有料です。
  カギ屋等による錠前交換は厳禁です。
  集合ポストについて
  1階の集合ポストには名前を入れてください。無記名の場合、郵便物が配達されないことがあります。
  ポストは防犯上、必ずカギを掛けてください。万一、被害に遭った場合は最寄りの警察に通報して下さい。
  エレベーターについて
  荷物を壁や扉にぶつけないで下さい。エレベーターは異常が起こると、緊急停止します。
  落書きやキズを付けないで下さい。
  地震、火災時には絶対に乗らないで下さい。
  ゴミの出し方について
普通ゴミ
  普通ゴミとは、台所ゴミ・紙くず・乾電池・スプレー缶など、大きさが30儚儖米發里發里任后
  普通ゴミは地域指定のゴミ袋に入れ、後記指定曜日にしたがい、ゴミ置き場に投入して下さい。
(※『指定』以外のゴミ袋に入れた場合は、回収できません。)
資源ゴミ
  資源ゴミとは、空き缶・空き瓶・ペットボトルなどです。
  資源ゴミは地域指定の袋に入れ、『資源ゴミ』と表示し後記の指定日にゴミ置き場に投入して下さい。
リサイクル家電製品
  リサイクル家電製品は「エアコン」・「テレビ」・「冷蔵庫」・「洗濯機」の4品目です。
  リサイクル家電製品は、それらの販売店に連絡して回収してもらって下さい。
  回収料金、リサイクル料金につきましては、各販売店にお問合せください。
  他のゴミと一緒に出されても回収されませんので、ご注意下さい。
 粗大ゴミ
  粗大ゴミとは、家庭の日常生活から出されるゴミで、大きさが30cm角を越える家具・家電製品などです。
(エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機・パソコンを除く)
  粗大ゴミは、地域により回収方法が異なりますので、後記の粗大ゴミ収集センターに連絡し、収集日等を確認の上、指定場所に出して下さい。
  ゴミ置き場内の粗大ゴミは回収されませんので、ゴミ置き場には絶対に入れないで!
危険物や事業活動に伴うゴミ・引越しなどで多量に出る大ゴミは収集の対象外ですので、処理方法は粗大ゴミ収集センターに問い合わせて下さい。
 ガス器具について
  ご入居前に後記のガス会社に連絡し、ガスを開栓してもらって下さい。
  ご入居前のガス閉栓中は管理会社で給湯器の点検が不可能ですので、ガス開栓後に各自で給湯器の作動確認をして下さい。
(不良の場合は早急に修理致しますのでお知らせ下さい。)
  『ガス臭い』と気付いたらすぐにガスの元栓を閉め、ガス会社に連絡し、ガス器具の点検を受けて下さい。
  ガスの長時間連続使用や地震で、ガスメーターの自動遮断装置が作動することがあります。
復旧するには、ローカに出て玄関ドア横のパイプスペースの扉を開け、中にあるガスメータ復旧方法に従い正常運転に戻して下さい。自分で復旧できなかった場合は、ガス会社に連絡し復旧してもらって下さい。
 電気器具について
  ご入居時に後記の電力会社に電気使用の届け出をして下さい。
  電気器具の使用中に電気が切れた場合は、最後に使った器具のプラグをコンセントから外し、ブレーカスイッチを入れ戻して下さい。
  この処理をしても電気が切れる場合は、電力会社に点検を受けて下さい。
 エアコンについて
  ON⇔OFF、冷房⇔暖房の切り替えを短期間に繰り返すと、故障の原因になりますので、ご注意下さい。
  フィルターは、掃除機でこまめに清掃して下さい。フィルターの目詰まりは、エアコンの能力を低下させ、電気代のムダにもなります。
 騒音について
  深夜のテレビ・ラジオ等の音量は控えてください。
  その他、他人に迷惑になるような騒音を出さないよう配慮して下さい。
  万一、騒音トラブルが起きた場合は、当事者間で解決してもらいます。
  お互い不快な思いをしないためにも、マナーを守りましょう。
 車・単車・自転車について
  不法駐車駐輪は近隣住民より警察に通報されますので、来訪者の車にも充分ご注意下さい。
  駐車場・駐輪場のあるマンションでご契約を希望される方は、管理会社へお申し付け下さい。
  自転車等をマンションのエントランスやローカに持ち込まないで下さい。管理会社で発見した場合は廃棄処分致します。
  駐車場・駐輪場の無いマンションで、車・自転車等をお持ちの方は最寄りの有料駐車場等をご利用下さい
  マンション周辺道路は駐車駐輪禁止です!
 ベランダについて
  ベランダ排水口の目皿に詰まったゴミは、各自で取り除いてください。
なお、建物構造上、隣室の洗濯排水等が流れ込む場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  目皿に詰まったゴミをそのまま放置しますと、洗濯排水等がベランダに溜まり、悪臭がしたり害虫が発生します。また、避難ハッチの隙間から下階に漏水し、大変な迷惑になりますのでご注意下さい。
  ベランダからは小さい物や軽い物でも落とさないで下さい。落下物の瞬間的衝撃力は相当なものです。
  手すりには植木鉢などを置かないで下さい。落下する危険性があります。
  洗濯物や布団を干す場合は、飛ばさないよう金具で固定して下さい。万一、洗濯物等を自分で手の届かない場所に落とされた際は、管理会社まで連絡して下さい。(有料)
 ペットについて
  ペットは一時預かり等の名目を問わず、一切の持込を禁止致します。
  管理会社が発見した際は、入居者で処分してもらいます。
また、処分できない場合は、賃貸借契約を解除致します。 なお、マンション内でペットを発見された方は管理会社までご一報願います。
 風呂について
  やむを得ず深夜に入浴する場合は、他の部屋に対する騒音に充分注意して下さい。
できるだけ、午前12時までに済ませましょう。 風呂場は、石鹸液やアカなどの養分で、大変カビが発生しやすいので、ご使用毎に掃除して下さい。また、湿気を排出する為、できるだけ長時間換気扇を動かして下さい。
  床の排水トラップ内にある目皿には毛髪等が詰まりやすいので、こまめに清掃して下さい。
排水の詰まりによる漏水事故を起こさないよう、充分ご注意下さい。 目皿を外したままの使用は、かえって排管にゴミが詰まり、事故の原因になります。
  トイレのタンクにブルーレット等の洗浄剤を入れますと、タンク内の器具に洗浄剤が詰まることがあり、その場合は水が止まらなくなりますので、ご使用の際は充分にご注意下さい。
 トイレについて
  トイレにトイレットペーパー以外の紙や布類などは流さないで下さい。
また、トイレットペーパーでも一度に大量に流すと、排水管が詰まります。 万一、排水管を詰まらせた場合は、洋式便所用ラバーカップ(棒の先に吸引器が付いている道具)で詰まりを直して下さい。
  トイレのタンクにブルーレット等の洗浄剤を入れますと、タンク内の器具に洗浄剤が詰まることがあり、その場合は水が止まらなくなりますので、ご使用の際は充分にご注意下さい。
 結露・カビについて
  窓や壁に水滴が付着することを『結露』といいます。 結露は毎年、冬場に発生しやすく、そのまま放置しますとカビが発生し、カビをさらに放置しますとダニなどの害虫が発生しますので、充分注意して下さい。
  風呂トイレはもちろん、押入や居室の壁にも結露やカビは発生します。
  結露やカビを防ぐには、窓を開けたり換気扇を使って、風通しを良くすることが大切です。
  結露に気付いたら、すぐに雑巾等で拭き取って下さい。
  カビに気付いたら、すぐにカビ取り用洗剤で除去して下さい。
  カビによる壁紙等の貼り替えは入居者負担となります。
  1週間に1回は部屋全体の掃除をしましょう!
 解約について
  解約の申し出は、賃貸借契約書の『解約通知書』に記入捺印の上、郵送して下さい。(FAX可)
  解約通知書は、明渡し日の1ヶ月以上前迄に、管理会社に到着しなければなりません。
ただし、明渡し日の1ヶ月未満の日に解約通知書が到着した場合でも、明渡し月の翌月分の賃料を支払うことにより即時解約できます。
  明渡し月は日割り賃料になりません。
 保証金の精算について
  保証金から、解約時引金と部屋の修繕費を差引いた金額を明渡し日の約2週間後にお返し致します。
  部屋の原型回復に伴う修繕費用は入居者負担となります。
  解約時引金に修繕費は含まれておりませんので、予めご承知おき下さい。
  部屋に自分で取り付けた設備(照明器具・コンロ・カーテン等)は撤去して下さい。
残される場合は、処分費用を負担して頂きます。